親権は誰のため?

親権は、親の権利という側面もありますが、子どもを保護して精神的・肉体的成長を図る親の義務でもあります。そのために、離婚にあたって、調停や審判・裁判で争う場合には、両親のどちらが引き取った方が子どものためになるかという、子どもの利益を中心に考えられます。この場合の判断ポイントについて、ご紹介しましょう。
まず大切なのが、子どもに対する愛情です。子どもと過ごした時間が長い方が、愛情が大きいと判断されることが多く、現在子どもと同居している側が有利です。
親の年齢や肉体的・精神的に健康であることもチェックされ、精神的に不安定な場合にはふさわしくないと判断されることもあります。
子どもの年齢は、乳児や幼児など幼いほど、母親が引き取った方がよいと判断される傾向にあります。


また、子どもの意思もチェックポイントで、特に15歳以上の子どもの場合には、裁判所が本人の陳述を聞く必要があります。
さらに、子育てに割ける時間が十分ある方が、選ばれやすい傾向があるので、子ども優先のライフスタイルにすることが大切です。
この他、経済的な余裕もチェックされますが、相手方から養育費として補てんされますので、決定的な理由にはなりません。
話し合いを行っている期間に、同居していない方の親が子どもを連れ去るケースもありますが、これは適格性の判断において大きなマイナスになりますので、注意が必要です。

Filed under: 未分類 — おや 8:56 PM