未成年後見監督人の必要性

財産管理などを行う場面があります。一般的には財産を有している方が自ら管理を行うものですが、未成年者の場合では、社会的知識などを持ち合わせていないことが多いために、状態によっては正しい知識を持って財産を管理することが困難な方も存在しています。例えば遺産相続などを受けることになった方が、既に直系となる親族が他界してしまっている状態では、どのように遺産を管理してよいのかを判断できない場合が見られます。


このケースでは未成年後見監督人というものを選出することができ、監督人によって法律に基づいた管理を行ってもらうことが可能とされています。一般的には家庭裁判所に申し立てを行うことが必要とされているのですが、監督人の選出に関しては身内などに相当する方が存在している場合では、申告することによって監督人として役割を果たすことができます。相当する人物がいない方の場合では、家庭裁判所によって選出された人物が担当することになり、正常に業務を遂行することになります。遺産相続などの場合では知識を持っていないばかりにトラブルに発展してしまこともあるために、特に未成年者で若年層の方ならば、監督人を用意することにメリットを感じることができます。

Filed under: 未分類 — おや 4:55 PM