偽装離婚とは

様々な生活スタイルを持つ方がいますが、国内では人口が1億人を超えているために、生活水準の違いや生活環境の違いなどは当然のようにあり、その中には格差というものも生じています。一般的な方の場合では、会社に勤務するサラリーマンとして仕事を行い、家庭を持って独立をしている方や、職業では自営業を営む方もいます。

 

そんな中、結婚をして家庭を築いている方も大勢いますが、その中でもあまり好ましいとは言えないものには偽装離婚と呼ばれているものがあります。これはその名の通り一般的な離婚とは異なって、偽装することをメインとしているものになります。

 

その目的として多いことでは、各種保護費や扶養手当などを公的機関から受給することをしているケースが見られます。例えば生活することに困難な家庭でも、夫婦揃っている場合では、制限されてしまうような支給であっても、離婚をすることによって問題無しに満額を受給することのできるケースがあるためです。

 

また、借金に関する内容でも実際に離婚を偽装する方も存在しています。

 

借金に関しては、支払い能力を持っている配偶者が居る場合でも、離婚をすることによって支払いする義務を無くすることを目的としているケースも目立ちます。

 

gf1940124373m